菅家理事長 バンコクでの活動報告②

2017/7/18 バンコクへ

お昼になりました、今日のお昼ご飯はバンコク日本人商工会議所、専務理事の井上 毅(つよし)氏と一緒です。

井上氏とも初めてお会いするので、緊張していましたが、とても話しやすく、すぐ和みました。

過去にバンコク日本人商工会議所様には、NPO法人プラジャが現在継続しているスマトラ沖大地震の被害者慰霊祭に多大な協力を頂いたという経緯があります。

あの津波被害から幾多の年月が流れ、添うそう協力のお願いは出来ませんが、これからも同じタイ王国で形も規模も歴史も違いますが活動するもの同士、末永いお付き合いをお願いし 歓談の中、振興と助言そして協力を頂きNPO法人プラジャの今後の活動を見守っていただき、更なる交流を深めようと思いを熱く昼食会を後にしました。

右 バンコク日本人商工会議所 専務理事 井上 毅 氏

またまた、当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツと共に記念写真

[su_divider top=”no”][su_divider top=”no”][/su_divider]

午後の一番手は、NHKアジア総局

本日はNHKアジア総局の総局長 藤下 超(わたる)氏にお会いしました

藤下氏はあのスマトラ沖大地震の際、インドネシアのアチェに配属であの悲惨な光景を見届けてきた方です。

日付は変更されましたが11月5日の世界津波の日に、ちなんだスマトラ沖大地震被害者の慰霊祭に理解を頂き、現在のNPO法人プラジャの活動を何らかの形で応援してくださいとお願いをしてきました。

慰霊祭当日には、確定ではないものの、日本の被災地でもある石巻から何らかのプーケットと日本を結ぶ催しを企画しておりNPO法人プラジャの存在意義と日本とタイとの懸け橋になれるよう応援もお願いしてきました。

総局長のお人柄に感謝し、気を入れ直し活動を続けようとNHKアジア総局を後にしました。

右 NHKアジア総局 総局長 藤下 超(わたる)氏

本当しつこく、当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツと共に記念写真

[su_divider top=”no”][su_divider top=”no”][/su_divider]

本日 最終は、慰霊祭 タイの子供の日とご協力を頂いた味の素様へ

残念なことに、倉島社長は海外出張のためお留守という事でしたので、当NPO法人プラジャの概要と当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツをお届けして 本日の活動を終了しました

報告はまだ続きます