「世界津波の日」について内閣府との意見交換を実施

2016年3月22日、特定非営利活動法人(以下NPO)プラジャ 菅家 弘道 理事長、全日本仏教会 奈良 慈徹 様、他2名にて内閣府を訪問し、「世界津波の日」に関する意見交換を実施致しました。

2015年12月に国連会議にて、11月5日が世界津波の日に制定されたことをうけ、毎年プーケットにてインド洋津波犠牲者法要慰霊祭を主催しているプラジャとして法要慰霊祭を世界津波の日に開催する案を検討し、意見交換を行いました。

本意見交換に至った経緯は、今年2月、タイ・プーケットにて第12回アジア防災会議が開催され、日本より西川審議官が出席される旨、在タイ日本国大使館より慰霊碑参拝についてのご依頼を受け、現地にて防災に関する意見交換をさせて頂いたことから、プラジャ内で11月5日の世界津波の日に法要慰霊祭を執り行う案が提出されたことによります。

法要慰霊祭の開催日の変更は、様々な方々からのご意見を頂き、慎重に検討を進めて参ります。

訪問先:内閣府

政策統括官(防災担当)付 齋藤 馨 参事官、 桜田 和明 企業等事業継続担当主査、佐久間 隆 上席政策調査員

訪問者:全日本仏教会

奈良 慈徹 様

訪問者:NPOプラジャ

菅家 弘道 理事長、影本 啓亮 副理事長、戸高 祐子 PR担当

S__2130093
S__2130094 S__2130095 S__2130098

 

西川正郎内閣府審議官との防災に関する意見交換会

NPO法人プラジャ(以下、プラジャ)は、2016年2月26日にプーケットにて開催されました第12回アジア防災会議にご出席中の西川正郎 内閣府審議官、桜田和明 内閣府企業等事業継続担当主査との防災に関する意見交換会を開催致しました。

2016年2月25日(木)26日(金)の両日、プーケットのホテル、ドゥシットD2・パトンに於いて第12回アジア防災会議が行われ、本会議に日本よりご出席の西川正郎 内閣府審議官、桜田和明内閣府 内閣府企業等事業継続担当主査のお二人、在タイ日本国大使館から小嵜仁史 国際機構部長、足立徹 一等書記官のお二人の他、数名の方々が、本会議に参加された中、多忙なスケジュールの合間を縫い、2月26日14時30分より上記4名の皆様と通訳の方を含む6名の方々が、2004年に発生した、インド洋大津波犠牲者慰霊碑に立ち寄られ、ご参拝頂きました。

慰霊碑への参拝後、津波来襲時の状況、その後の復興状況等について短い時間ではありましたが、意見の交換をさせて頂きました。

本意見交換会には、プラジャより慰霊碑への無償の土地提供を頂いておりますホテルオーナーのご子息 ウィタワット・カサヤパナン(本法人の理事であるウィッスット・カサヤパナンの兄)、プラブジョテ・セティー理事、大野肇 副理事、及び菅家弘道 理事長婦人、齋藤修 広報担当の5名が同席させて頂きました。

P1060454

[000238] [000249] [000266]
[000331] [000330] [000340]