菅家理事長 バンコクでの活動報告③

2017/7/19 バンコクへ

バンコク二日目 今日は朝から雨がぱらつく天気、歩き回るには不都合、時間が押しているので朝食を早々にとり出発・・・斎藤は若いせいか朝から食欲がすごい

最初の訪問先は、コンプレックスビルにある共同通信へ

共同通信の支局長 アジア統括の近澤 守康氏とは、昨年の慰霊祭時に名刺交換を済ませている、氏から昨年からの慰霊祭日付変更はよろしくないのではないかと疑問視される。

本来12月26日が震災の起きた日でありスマトラ沖地震と世界津波の日を結びつけるのは無理があるのではとの指摘、無論、慰霊祭は12月26日が間違いないのだが、あれから10数年という月日が流れ遺族の方達の老齢化や12月26日はプーケットそして日本では繁忙期であり費用も嵩む、両国からの参列者を募るには非常に厳しく、特に遺族の方達の意見を尊重し、ついでではなく世界津波の日に慰霊祭を重ねた、しかしながら本来であれば12月26日が大事なのでNPO法人プラジャとしては昨年からの変更であるが、その日12月26日には私はじめ在タイ日本人で小さくも慰霊を行っている事を説明

また世界津波の日という事もあり本年は、日本の津波被災地である石巻幼稚園の児童からの葉っぱスタンプによる両国の国旗を作成しその交換会が出来たらと企画模索中の事を伝え、本年も変わらず慰霊祭及び世界津波の日には、その思いを伝えて頂く事で取材に来られるとの返事を頂きました。

また近澤氏は近々に日本へ戻られるとの事で、後見に井上記者をご紹介いただきました。

なんとなく寂しい思いを胸に、共同通信社を後にしました。

左 近澤 守康 氏

近々に日本へ戻られることになった。在タイ人としては寂しいな~

次に向かったのが、シーロムにあるバンコク週報

バンコク週報では、当NPOプラジャの活動を紹介していただいた経緯があり、お礼を兼ねてお伺いする予定でしたが残念なことに、倉林編集長が海外出張で留守の事は、承知の上でNPO法人プラジャの概略と当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツをお届けして、お昼の食事に向かいました。

お昼の食事をバンコク日本人会事務局長の磯田 博之 氏と会食

磯田氏とは、過去に面識もありますが、NPO法人プラジャとしては初めてのご挨拶

歴史のあるバンコク日本人会ですから、経験も実績も豊富、NPO法人プラジャからすれば羨望に値する存在なわけで、今後の活動に向け色々なアドバイスを頂き、情報の共有をして行こうと話は弾み美味しいお昼ごはんとなりました。

バンコク日本人会とNPO法人プラジャの根本的な部分の違いは、バンコク日本人会は日本人だけの団体でありNPO法人プラジャは国際交流を活動の一つとして国籍を問わず活動しようという事です。しかしながら活動の目的や内容、求めている使命感は同じであり大先輩であるバンコク日本人会の磯田氏の助言や経験に今後も期待して昼食を終えました。

左 バンコク日本人会 事務局長 磯田 博之 氏

ここでも、当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツと共に記念写真

菅家理事長 バンコクでの活動報告②

2017/7/18 バンコクへ

お昼になりました、今日のお昼ご飯はバンコク日本人商工会議所、専務理事の井上 毅(つよし)氏と一緒です。

井上氏とも初めてお会いするので、緊張していましたが、とても話しやすく、すぐ和みました。

過去にバンコク日本人商工会議所様には、NPO法人プラジャが現在継続しているスマトラ沖大地震の被害者慰霊祭に多大な協力を頂いたという経緯があります。

あの津波被害から幾多の年月が流れ、添うそう協力のお願いは出来ませんが、これからも同じタイ王国で形も規模も歴史も違いますが活動するもの同士、末永いお付き合いをお願いし 歓談の中、振興と助言そして協力を頂きNPO法人プラジャの今後の活動を見守っていただき、更なる交流を深めようと思いを熱く昼食会を後にしました。

右 バンコク日本人商工会議所 専務理事 井上 毅 氏

またまた、当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツと共に記念写真

午後の一番手は、NHKアジア総局

本日はNHKアジア総局の総局長 藤下 超(わたる)氏にお会いしました

藤下氏はあのスマトラ沖大地震の際、インドネシアのアチェに配属であの悲惨な光景を見届けてきた方です。

日付は変更されましたが11月5日の世界津波の日に、ちなんだスマトラ沖大地震被害者の慰霊祭に理解を頂き、現在のNPO法人プラジャの活動を何らかの形で応援してくださいとお願いをしてきました。

慰霊祭当日には、確定ではないものの、日本の被災地でもある石巻から何らかのプーケットと日本を結ぶ催しを企画しておりNPO法人プラジャの存在意義と日本とタイとの懸け橋になれるよう応援もお願いしてきました。

総局長のお人柄に感謝し、気を入れ直し活動を続けようとNHKアジア総局を後にしました。

右 NHKアジア総局 総局長 藤下 超(わたる)氏

本当しつこく、当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツと共に記念写真

本日 最終は、慰霊祭 タイの子供の日とご協力を頂いた味の素様へ

残念なことに、倉島社長は海外出張のためお留守という事でしたので、当NPO法人プラジャの概要と当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツをお届けして 本日の活動を終了しました

報告はまだ続きます

 

菅家理事長 バンコクでの活動報告

2017/7/18 バンコクへ

久しぶりのバンコク、私にとって近くて遠いバンコクへ広報の斎藤と短期の二人旅

今回の活動は、世間に少しでも広くNPO法人プラジャを知ってもらおうと報道関係 政府機関の方を中心にご挨拶回りです 本日バンコクは曇り、蒸し暑く無風、少し歩けば汗がどっと来ます

宿をビクトリーモニュメントの傍にとり活動をスタート

 

まず最初に向かったのが、フジテレビのBANGKOK BUREAUここで支局長の永松 裕二郎氏にご挨拶 これまた裕次郎ばりにいい男でびっくり、背が高くてモテて当たり前の印象 当NPO法人プラジャの概略と今後の目的と目標を説明し 当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツと共に記念写真後に局を後にしました

左 永松 裕二郎氏

近々に韓国へ転勤との事です せっかくお近づきになれたのに残念です

二番目に向かったのが、国際交流基金(JAPAN FOUNDATION)

ここでは、NPO法人プラジャの目的の一つである、日本とタイ王国との文化の交流について、11月五日(慰霊祭と世界津波の日)の機会を意義あるものにと、いろいろな事例やアイデアを沢山いただきました。

所長の吉岡 憲彦氏もこれまた良い男でびっくり 経験の浅いプラジャにとって沢山の収穫を頂きました

そして調整員の富田さんの助言、これまたグッドタイミングで、今後NPO法人プラジャがどのような形で文化や国際交流を図るべきか話に弾みがつき感激でした

また文化センター次長の中島さんもご紹介いただき文化だけではなく防災関係に強いという事で、過去の被災地でもあるプーケットにちなみ、今後防災に関する助言もしていただくという事で日本とプーケットがいろいろな形で繋がればを胸に、次の機会を楽しみに後ろ髪を引かれつつ後にしました。

前列左 富田 千草氏 所長の吉岡 憲彦氏 後列PLAJA 齋藤 修 菅家 弘道

ここでも押しつけがましく、当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツと共に記念写真

報告はまだ続きます

菅家理事長 一時帰国を終えて

今回の帰国はとても私にとっては有意義で今回紹介させて頂いた方、する事の出来なかった方々に沢山の気付きを頂きました

その中で、よく耳にしたのが「あんた何やってるの、他人にボランティアするよりも自分がボランティアしてほしいわ」と言う声でした

たしかに色々な報道から昨今の景気は決して良いとはいえず 自分で精いっぱいという時代なのかもしれません だからと言って疲弊して行く街や地方 世間から見向きもされない人、機会が与えられず埋もれる人たち 私自身一人の人間であり、どう何が出来るという人間でもありません しかし私自身は一つの個体でもその個体が集まり大きな集りとなれば、他人あるいは社会のためにお役に立てる何か活動が出来るのではないかと感じますし

色々な方と交流の場を持つことによって一味違った人生になっていくのかもしれません。

「自分以外のもののために何かする」一個体では難しいですが、イワシやイナゴの様に、例えは適切かわかりませんが、個人や一個体ではなく集団となれば色々なことがその時々で形を変え、自分のためだけではなく人のために何か出来るかもしれません・・・

何かしてみませんか 一緒に盛り上げませんか

 

最後に、限られた時間の中、私およびNPOプラジャのために沢山の方々の貴重なお時間を割いていただきました、この場を借りてお礼申し上げます

 

私たちと一緒に活動してみませんか・・

 

お問い合わせ

http://plaja.org/お問い合わせ

菅家理事長
NPO法人 プラジャ 理事長 菅家 弘道

帰国報告 登場人物

佃 弘巳 氏

立馬 歳郎 氏

金子 稔 氏

浅野 敬子 氏

福田 氏

筆谷 信昭 氏

久喜 和裕 氏

富川 大亮 氏

庄中 卓弥 氏

奈良 慈徹 氏

大木 茂行 氏

山中 一希 氏

小川 将弘 氏

高橋 耕平 氏

山田 伊久磨 氏

PLAJA メンバー

菅家 弘道

大野 肇

影本 啓亮

 

戸高 祐子

駒木根 旭

堀内 裕

小林 秀明

菅家理事長 日本での活動報告④

6月某日、Fruit Bearers Ministries  (http://fruitbearersministries.com/)

の日本代表 山中 一希氏とお会いしました

Fruit Bearers Ministriesは、ワシントンにあるアメリカの団体なのですが歴史も長く主にフィリピンで活躍しているボランティア団体です(学校や生活の支援)、どのように活動なさっているのか成功や失敗談などを参考になるお話を聞きNPOプラジャと共有出来る接点を模索しました。

houkoku4-1

左 山中 一希 氏

山中氏は、GENE東京クリニックに経営参加しており、がん遺伝子治療という最先端医療に取り組まれています。https://www.g-t.clinic

千葉テレビによる取材映像https://youtu.be/TAWzDPLUvEM?t=36

今後も引き続き情報交換をしましょうと言う事で、帰路につきました

6/10 本日は、NPOプラジャの本拠地である川口で東北の被災地で活躍されている (株)アズ企画設計の小川 将弘 さんにお会いしました。

東北被災地の現在の状況やスマトラ沖大地震と福島沖大地震そして津浪の日と共通する

処も多く一緒に何か出来る事はないかと、今後も連絡を取り合いましょうと言う事で振興を深めました。

houkoku4-2

左 小川 将弘 氏

ミライガー: それは東北のヒーロー タイのテレビ番組で放映された特撮番組

秋田県は、かほ市の企画会社「正義の味方」が生み出したキャラクター

その制作や文芸の関係者の一人である国境なき特撮者 早稲田大学 大学院生の高橋耕平さんにお会いしてタイと言う共通の土地で何かコラボしようと エネルギーと特撮にかける情熱をたんと頂きました。

houkoku4-3
houkoku4-4

左 国境なき特撮者の高橋 耕平さん

ポーズをとっていただきました 7月から二か月間タイへ特撮に来られる予定

ミライガーの高橋耕平さんが、タイの子供たちのヒーローとしてテレビでお目にかかれる日も近い !! NPOプラジャも子供たちのヒーローになれるか ?

そして今回の帰国報告の最後は新宿にて、株式会社bond ( www.bond-inc.com ) の

代表取締役 山田 伊久磨 氏 と

もともとカメラマンであった彼がProducerとしてPhotographerとして制作するコンテンツは定評があります。

今後NPOプラジャが活動するうえで共有できる部分は共にやってみようと、その期待に熱い思いを胸に新宿を後にしました。

houkoku4-5

株式会社bond ( www.bond-inc.com )

代表取締役 山田 伊久磨 氏

以上で、今回の帰国報告は終了です

菅家理事長 日本での活動報告③

スマトラ沖大地震被災者の法要では、常にお世話になっている日蓮宗の日蓮宗宗務院

ご挨拶に伺いました。

生まれて初めて降りた池上駅、蒲田から池上線で二駅目お寺で有名なだけあって なんとなく厳かな町でした。

池上と言えば 池上本願寺と池上本門寺が有名ですが、日蓮宗は池上本門寺と言う事。

恥ずかしながら、私初めて知りました・・・無知だったのですね !!

houkoku3-1
houkoku3-2
houkoku3-4
houkoku3-3

駅前の本門寺通りを数分歩くと本門寺があり、その隣接地に宗務院はありました

宗務院入口の前でにこやかに、一般の会社であれば課長職の富川さんがお出迎え

久方ぶりの再会に、つい手を振ってしまいました・・

本日の目的は、今年の慰霊祭への出仕のお願いです

気持ちよく二つ返事で、ご了承いただき感謝

そして今年はもう一つお願い事を増やし、慰霊祭後の夕食会で日本の日本らしい文化をお披露目したくお知恵を拝借でした。

NPO法人プラジャが設立されて二回目の慰霊祭そして夕食会です、昨年よりも更に内容の濃い、更に日本の文化を国を跨いでインタラクティブに発信できる有意義な、そんな催しを目指したいと言う事で、お話は弾みプーケットでの再会を約束し日蓮宗宗務院を後にしました。

houkoku3-5

左より PLAJA 大野 肇・PLAJA 菅家 弘道・宗務課長 富川 大亮・主事補 庄中 卓弥

 宗務課長 富川 大亮  お忙しい中、貴重なお時間ををありがとうございました。

菅家理事長 日本での活動報告

日本に帰国して

久しぶりの日本、私が帰国したのは4月の中程でした 季節は春から初夏へ

個人的な実務をこなし NPOの関係諸氏と慰霊祭に日本からプーケットまでわざわざお越しくださった方々にご挨拶、そして先日プーケットへ訪問された伊東市長へのご挨拶に伺いました

私的に初めて伊東市へ電車で伺いましたが、東京からは思った以上に近いと感じた伊東市

kanke201705-1佃 弘巳 / 立間 歳郎の両氏と
kanke201705-2川奈ホテル ロビーにて
市長とは今後も伊豆とプーケットの交流を深めるために何が出来るかを模索し、私どもNPOはどんな役割をすれば良いのかを今後の課題として帰路につきました。

波止場食堂での刺身 川奈ホテルでのコーヒータイムそして青山やまと旅館の温泉は役得でした。

次に向かったのが、慰霊祭でも大変お世話になった全日本仏教会 事務所は増上寺で有名な芝浦にあります。そこでご多忙な中、時間を割いてくださった事務総長の久喜 和裕 氏
にお礼のご挨拶と今年の慰霊祭へのご協力をお願いしてきました。
いつもにこやかな久喜事務総長ありがとうございました。
kanke201705-3全日本仏教会 事務総長 久喜 和裕 氏

そして、世界の手を洗う習慣のない子供たちに石鹸を配り夢と希望を与え続る活動をしているニコニコ財団法人の浅野 敬子 代表にご挨拶 NPO法人プラジャも微力ではありますが、プーケットでそのお手伝いをさせて頂きました
今年は是非プーケットへとご来島のお願いもしました
現在進行形で使命感を持った活動する 浅野 代表 感動をありがとうございましたkanke201705-4

浅野 敬子 / 福田さん / プラジャPR担当の戸高 祐子 と歓談

director meeting 2017左から 堀内 裕、戸高祐子、菅家弘道、小林秀明、大野 肇、影本啓亮、駒木根 旭
欠席者(斎藤 驍、田中孝子)
次は、日本の理事との方々そして関係者との懇親会
二年目を迎えたNPO法人プラジャですが、今後のNPOとしての基本活動の確認と久しぶりの再会に喜びの時間でした。

 

報告は次回へまだ続きます  NPO法人プラジャ 理事長 菅家 弘道

インド洋津波犠牲者十周年法要慰霊祭の報告

プーケット長期滞在中高年の会(以下、PLAJA)では、2014年12月26日にインド洋津波犠牲者十周年法要慰霊祭式典を主催致しました。

10周年となる本法要慰霊祭には、多数のご寄付並びに、ご遺族14名を含め約120名の方がにご参列頂き誠にありがとうございました。

場所:サンウイングカマラリゾートホテル内慰霊碑前(カマラビーチ)
日時:2014年12月26日 10:00より

後援:

在タイ日本国大使館、タイ国日本人会、盤谷日本人商工会議所、ジェトロ・バンコク、タイ政府観光庁、世界仏教徒連盟、サンウィング/サンプライム・カマラビーチ・リゾート、全日本仏教会、江戸川中央ライオンズクラブ、日蓮宗身延山久遠寺

協賛:

味の素・タイランド株式会社、イオン・タイランド株式会社、AGCフラット・グラス株式会社、AVISタイランド、N.Y.K・タイランド株式会社、泰国川崎汽船株式会社、神奈川歯科大学、斉藤驍法律事務所、新日鉄住金タイランド株式会社、タイ・クラボー株式会社、トヨタ・モーター・タイランド株式会社、東レ株式会社、東芝アジア・パシフィック株式会社、東京大学34L18Bクラス会、日蓮宗妙義教会、バーバー・ペンギン、日立アジア・タイランド株式会社、プログレス株式会社、ペガサス・パール株式会社、三井化学タイランド株式会社

ご遺族:

田中家、江崎家、寺坂家、窪田家

インド洋津波犠牲者法要慰霊祭主催:

プーケット長期滞在中高年の会(PLAJA)

 

P1060120_RP1060124_RP1060130_R P1060134_R P1060139_R
P1060143_RP1060154_R P1060187_R