菅家理事長 バンコクでの活動報告

2017/7/18 バンコクへ

久しぶりのバンコク、私にとって近くて遠いバンコクへ広報の斎藤と短期の二人旅

今回の活動は、世間に少しでも広くNPO法人プラジャを知ってもらおうと報道関係 政府機関の方を中心にご挨拶回りです 本日バンコクは曇り、蒸し暑く無風、少し歩けば汗がどっと来ます

宿をビクトリーモニュメントの傍にとり活動をスタート

 

まず最初に向かったのが、フジテレビのBANGKOK BUREAUここで支局長の永松 裕二郎氏にご挨拶 これまた裕次郎ばりにいい男でびっくり、背が高くてモテて当たり前の印象 当NPO法人プラジャの概略と今後の目的と目標を説明し 当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツと共に記念写真後に局を後にしました

左 永松 裕二郎氏

近々に韓国へ転勤との事です せっかくお近づきになれたのに残念です

二番目に向かったのが、国際交流基金(JAPAN FOUNDATION)

ここでは、NPO法人プラジャの目的の一つである、日本とタイ王国との文化の交流について、11月五日(慰霊祭と世界津波の日)の機会を意義あるものにと、いろいろな事例やアイデアを沢山いただきました。

所長の吉岡 憲彦氏もこれまた良い男でびっくり 経験の浅いプラジャにとって沢山の収穫を頂きました

そして調整員の富田さんの助言、これまたグッドタイミングで、今後NPO法人プラジャがどのような形で文化や国際交流を図るべきか話に弾みがつき感激でした

また文化センター次長の中島さんもご紹介いただき文化だけではなく防災関係に強いという事で、過去の被災地でもあるプーケットにちなみ、今後防災に関する助言もしていただくという事で日本とプーケットがいろいろな形で繋がればを胸に、次の機会を楽しみに後ろ髪を引かれつつ後にしました。

前列左 富田 千草氏 所長の吉岡 憲彦氏 後列PLAJA 齋藤 修 菅家 弘道

ここでも押しつけがましく、当法人で作成した「世界津波の日」Tシャツと共に記念写真

報告はまだ続きます

12月26日 津波慰霊碑を訪問

2004年12月26日はスマトラ沖大地震による多数の津波犠牲者が出た日でした。

私共、NPO法人PLAJAでは、さまざまの事情により本年11月5日の世界津波の日に変更しスマトラ沖大地震犠牲者慰霊祭の13回忌を執り行いました。

本来の慰霊の日である本日、NPO法人PLAJA 菅家 弘道(理事長) 大野 肇(副理事長) 林 雅夫(PR担当) タナポーン・パチュアンブン(PR担当)の四名にて厳かに哀悼の思いを胸に拝礼にお伺いし、あの災害から12年という月日が流れた今、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしました。

 合掌
NPO法人PLAJA

s__3817480
s__3817479